年配の方へ贈るお歳暮は、ちょっと難しいですね

 日本はかつてない速度で高齢化社会が進んでいます。しかし、日本人として、かつてお世話になった方へ感謝の気持ちは忘れたくないもの。せっかくお歳暮を贈るのなら、喜んでもらいたいと思うのは当然です。ありたきりのお歳暮ではなく、年配の方にも人気があり、喜んでもらえるギフト。相手のことをちょっとだけ考えてあげるだけで、あなたの感謝の気持ちはしっかりと相手に伝わる事でしょう。こちらのページでは、お歳暮の選び方、特に高齢者、年配の方に喜んでいただける商品を選ぶための考え方や、その考え方に基づいた、実際の商品のご提案をさせていただきたいと思っています。


スポンサーリンク

考えてあげたいこと

 相手がご年配の方の場合、いろいろと気をつけてあげたいことがあります。例えばお互いが同じ会社に所属しており、上司と部下の関係である場合のお歳暮とは、選び方が全く違います。大前提として、お年を重ねていらっしゃることを念頭に入れなければなりません。
 人間年齢を重ねてくると、若い頃とは考え方も違ってきます。今まではグルメであっちこっち食べ歩きをしていた方も、食べ物に気を遣うようになっていらっしゃるかもしれませんし、私たちが存じ上げていないだけで、もしかすると病気がちになっていらっしゃるかもしれません。
 このような考え方で、年配の方のお歳暮を選んで上げてはいかがでしょうか。

プチ健康志向で

 がちがちな健康志向になってしまうと、逆に堅苦しくなってしまいますので、プチ健康志向で進めてみましょう。具体的には、若い頃には平気であっても、これからは積極的に摂取したくはない、というものを候補から外して行きましょう。具体的には、ビール詰め合わせ、塩分の高い商品、甘さが際立つお菓子類、これらは避けた方がいいかもしれません。

質を重視した、小分けのものを

 お年を重ねていらっしゃいますので、お贈りするお品物は質を重視し、小分けに包装されているものがいいでしょう。

普段は買う事のない、非日常的なものを

 私の両親もそうですが、年金暮らしはなかなかどうして、経済的にもきついものがあります。毎日を何とか暮らしている中で、ピカリと光り輝く贈り物をいただけると、とても喜ばれるものです。普段は到底手の出ないようなブランド品や、決まったお店でしか手にする事のできないような商品なら、喜ばれるのではないでしょうか。

具体的な品物 厳選3つ

 具体的に品物を見て行きましょう。

高級ブランド米 贈答品

 お米は、いくらお年を召していたとしても、毎日食べるもの。でも、お米は重たいし、高級なお米が生産、販売されているのは知っていても、殆どの方が常に食べてはいないと思います。こちらのお店には、なかなか出会う事が難しいとされる希少米や、贈答用の食べ比べ、小分け商品など、様々な商品を取り扱いしています。是非ご覧になって見て下さい。

浅草今半 牛肉佃煮詰合わせ

 うちの親が、妻の義父に贈り、大変喜ばれた商品です。浅草今半のブランドは地方から見ると強烈な印象があります。そして、商品も、白いご飯によし、お酒のおつまみに良しと、一石二鳥。是非ご検討下さい。

ホテルオークラ おかゆ・雑炊スープ詰合せ

 ホテルオークラの力は絶大。おかゆと雑炊スープの取り合わせと量が絶妙。


スポンサーリンク

こちらも読まれています