五月病は誰にでも起こる可能性がある

 五月病というと、つい最近の病気のように聞こえるかもしれませんが、実はかなり前からこの五月病は存在していました。日本社会は4月から新しい年度に入ります。4月になると、新しい環境で働いたり、勉強したりという人が増えます。そして、何とか新しい環境に馴染もう、新しい環境で頑張ろうと4月は一生懸命ですが、ゴールデンウィークを挟んで5月になると、調子が悪くなってしまう人が多いのです。これは、例えば新しく会社に入った新入社員の方もなる可能性がありますし、異動などで部署が変わった中高年にも、その可能性はあります。もちろん、クラス替えになった子供にも、可能性はあるのです。


スポンサーリンク

五月病の原因は、ストレスの蓄積

 新しい環境は、あなたは大丈夫だと思っていても、知らず知らずの間にあなたの身体にとってのストレスとなっています。この溜まったストレスが要因となって、5月病は発症します。朝起きられない、会社や学校に行きたくない、行けない、普段普通に行っていた髭剃りや化粧がメンドクサイ、頭痛がひどい、食欲がない、気持ち悪い、会社や学校が近づくと身体が反応してしまう、怒りっぽくなってしまった、我慢ができない、夜寝付けない、いつも普通に出来ていたことが出来ない、肩こりやめまいがひどい、自分に自信がなくなり、自分はダメだというようなマイナス思考になってしまう、などなど、様々な症状が散見されるようになります。全てはストレスが原因とされていますが、実は私たち人間には、耐ストレスの驚くべき仕組みが生まれながらに備わっていることをご存知だったでしょうか?

耐ストレスの仕組み

 私たち人間の身体は、本当によくできています。このようなストレスは、人間として受ける可能性があることから、とあるホルモンが人間の中にあります。このとあるホルモンは、ストレスを感じた時にそのストレスと闘い、私たちを守ってくれています。そのホルモンの名前は、別名「幸せホルモン」とも呼ばれている、ストレスの軽減に役立つ脳内の神経伝達物質セロトニンという物質です。ストレスが何らかの形で作用し、この神経伝達物質セロトニンの物質の分泌を妨げてしまう事が、五月病の原因と言われています。

五月病対策はどうすればいいのか?

 五月病対策は、ストレスを軽減することをまず考えてみましょう。具体的には、真面目なあなたの考え方を、ちょっとだけ変えて実行してみることで改善できる場合があります。言われたことを完全にしなければならないという義務感を捨てる、悩みは抱え込まないで口に出して相談してみる、早寝早起きを心掛ける、適当に運動する、何か気分転換する方法を考えてみる、打ち込める趣味を見つける、あまり難しくない目標を決めて、その目標達成に向かって物事をすすめてみる、セロトニンを多く含む食品を多く摂取してみる、などの方法を試してみてはいかがでしょうか?セロトニンは、バナナや牛乳、チーズ、豆腐や納豆、味噌などの大豆製品、小麦胚芽や卵などに多く含まれています。朝食をグラノーラ【楽天市場】に変えてみるだけでも、いいかもしれませんね。

五月病対策 セロトニンを直接摂取する【究極】

 でも、今まで何十年も食べてきた食事の習慣を変えるのは、なかなか大変だという方もいらっしゃるかもしれません。そのような方には、セロトニンが含まれたサプリメントがおススメです。こちらの商品は、セロトニンの他にも、身体と心のバランスを考えた成分を配合していますので、飲むだけでリラックス効果が期待できるサプリメントです。日本人の体質に合わせて、吸収しやすいように調合、製造販売されていますので、安心してお飲みいただくことができます。
こちらからご覧いただけます。⇒ 休息・ココロサプリ専門店♪ドキドキ・イライラi・休息不足に悩む方のためのセロトニンサプリ!リラクミンクリア

こちらもおすすめ⇒【正官庄】世界売上No.1高麗人参


スポンサーリンク

こちらも読まれています