コロナ渦で、就職活動はオンラインに切り替わりつつありますが、自身のSNSの内容に注意が必要です。大丈夫、専用アカを作ってやってます、とおっしゃる方も多いと思いますが、それでも、企業は貴方の本アカを探して、あなたなりを再度確認する傾向があります。

 企業の中には、外注によって提供されている「裏アカ探し出し」なるサービスを使って、貴方の本アカはもとより裏アカまで探し出し、あなたが企業にとってふさわしい人物かどうかを確認するケースもあります。

 内定とは字の通りですから、起業の理念と、あなたが発信しているSNSの内容によっては取り消しになってしまう可能性もあります。

 どうしたらいいのか、使い分けのアドバイスをご紹介します。

スポンサーリンク

就職活動は順調ですか?

 コロナですっかり変わってしまった就職活動。あなたは順調ですか?採用する側もされる側も、新しい採用方法を模索しているのが今の時代。あなたはその最前線にいます。
 オンラインによる面接は、貴方が身をもって感じていると思いますが、いい面も悪い面もあります。いい面は、オンラインで完結するので、説明会や会社まで出向く必要がない、身体、スケジュール、費用面でかなり楽、などがありますよね。

 一方で、起業にとっては、オンライン面接だと、あなた全体を見ることができませんので、情報収集の限界が出てきてしまいます。これを補う意味でも、SNSのアカウントを確認したい、という事になるのですね。

SNSやっていますか?

 今やスマホとSNSは必須ですよね。よっぽどの理由がない限り、SNSはされている事でしょう。

裏アカはありますか?

 Twitterに見られる裏アカは、裏アカにしなければならない理由があるから裏アカなのですよね。

 悲しいことですが、法に触れるようなバイトが募集されたり、非人道的、非道徳的な事が発信されているのもまた、現実です。

 いくら健全に運営されていたとしても、裏アカという媒体には、このようなイメージが付いて回る事を覚えておきましょう。裏アカであること自体が、世間的にはあまり良いことと認識されていない事実を再度認識しましょう。

会社が嫌がる内容、注意点

 企業は、あなたが自分の会社にあった人かどうかを、あなたの裏アカを見て確認する場合があることを覚えておきましょう。

 Twitterの裏アカがあるなら、その書き込み内容に注意して下さい。

 今は「裏アカ探し出しサービス」なるものが存在し、あなたの裏アカに、企業の採用担当者が訪れないという保証はどこにもありません。

 せっかく面接でいい印象を与えることができたとしても、もし、あなたのあまりよくない二面性を裏アカの書き込みに発見したのであれば、採用されない、内定を取り消される、などの結果にならないとは言い切れません。これは脅しではありません。

アドバイス

 裏アカは、できる事なら辞めましょう。裏アカの社会的存在価値は、マイナス以外にありません。発見されれば、いい事は何もないばかりか、悪いことを探し出される事になります。

 続けるのなら、発言内容に十分注意して下さい。続ける場合でも、会社はあなたの裏アカを探し出す方法を知っていると心得ましょう。

 誹謗中傷、非人道的、非友好的、非道徳的、などの発言があるのなら削除し、今後はしないようにしましょう。

 そのアカウントは、親や友人、これからできるであろう、あなたの子供が見ても大丈夫な内容でしょうか? これに対する答えを、一つの目安にしてみて下さい。

 企業は人なり、という言葉があります。コロナもあり、何かとオンラインが盛んになっていますが、今でも会社は人と人とで繋がっています。あなたが、望んでいる会社に就職でき、安定した生活を送ることができるよう、以上のアドバイスを差し上げます。あなたはこの先、自分自身と家族とを、自分で守らねばなりません。頑張って下さい。

スポンサーリンク

こちらも読まれています

  • 日立のユンボSH350を高く売るには?  がんばって働いてくれたSH350を簡単に現金化できる方法をご存知ですか?ユンボにとどまらず、働く車全般を高く買取りしてくれるシステムがあります。しかもこのシステム、貴方が思って […] Posted in お役立ち情報
  • YOKONE 横寝枕 よく眠れない人は今すぐお試しを  YOKONEは、横向きに寝るために開発された枕ですが、ただの枕ではありません。さまざまな視点から徹底的に研究されており、人間として最適な眠りを得られるように設計されています。 […] Posted in お役立ち情報
  • 同級生との付き合い方 同級生との付き合い方  同級生との付き合い方。スマホの普及に伴って、私たち高校の同級生も連絡が密になりました。ラインでいつでも連絡を取ることができるようになりました。とてもいい […] Posted in 日記