開業医の悩みを解決する方法

開業医の悩みを解決する方法

 開業したものの、患者が増えない、売り上げが上がらない、経営が苦しい、こんなはずじゃなかったと悩んでいる開業医の方が増えています。それなのに、自分の街にはより良い設備と綺麗な建物を備えた同業者が増える、この先は人口減もあり状況が見通せない、せっかく開業したものの、なかなか思うように経営が行かないとお悩みの方、今の状況を打破するご提案があります。

何かの差別化が必要

  私たち一般人は、例えば風邪をひいたときとか、国保の検診を受ける場合とか、どのような基準で開業医を選んでいると思いますか?例えば住んでいるのが離島で、島に一軒しか開業医がないのであれば、まずそこへ行くことでしょう。でも、今の時代、地域に開業医は溢れています。私たち一般人はどこのお医者さんに行こうが自由ですので、必然的に開業医を選択してしまいます。あなたの患者さんが減ってしまったということであるなら、何らかの理由があるのかもしれません。

恐ろしい口コミ

  今はとんでもない時代になりました。一人に一台スマホの時代、なんでもかんでもインターネット依存となっています。高齢者ではない、これからお医者様にお世話になるという世代は、間違いなくスマートフォンで情報を収集しています。あなたの病院も、知らないところで口コミによるランク付けがされているかもしれません。ランク付けまではいかないまでも、星の数が少ない、あまり良くない口コミが投稿されてしまうと、実は客足が極端に減ってしまうという現実があるのです。

差別化の一例

 この口コミは、修正することができません。ですから、現実を素直に受け止めて、少しずつやり方を修正していかなければならないのです。書かれてしまったという事は、何かこちらに落ち度があるのかもしれません。きちんと受け止めて、修正できるところは修正していくことが大切です。その上で、経営においては、患者さんに対する差別化も必要です。一つの例として、薬の処方があります。日本の薬の営業は、ライバルの開業医でも同様に行われています。これをあなたしかできない仕入れに変えてみることです。例えば、こちらのサイトは、個人輸入の海外製品を格安で行ってくれます。このような薬を処方してみることで、成果が上がれば、やがてそれは口コミで広がり、結果的には患者増、売り上げ増へと繋がっていくことでしょう。一つの方法として考えてみることをお勧めします。スーパーの安売りの広告のような、一時的に爆発するような類のものではありませんが、今取り入れてみることで、少しずつ芽が出てだんだんと実績となり、やがては大きな収穫となる、そのような類のものです。長い目で見た場合、取り入れてみる必要性はあると思います。

→ 医療従事者専用の海外医薬品

ダイエットに 【絶対必要なもの】 教えます!

ねぇ、松村さん どうなったの ???

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

痩せていた妻

妻は痩せていた

   
サブコンテンツ

このページの先頭へ