10年落ちの車は売れるのか

 車を買い替える際や、買取りに出そうと思っている人、是非聞いて下さい。あなたの車は10年落ち、古い、10万キロ以上走っている、人気色ではない、傷が沢山ある、などの状態で、査定価格はもうないものだと諦めていませんか?買い替え時に「査定はもうありませんから」と営業に言われて、その言葉を信じ切っていませんか?中古車業界にはマニュアル化のできない相場というものがあり、実はこの相場にピッタリとはまってしまうと、とんでもないことになる可能性があるのです。

千円が35万円に

 私は以前、自動車ディーラーの中古車販売店にいました。ですから、事情がよくわかっています。これはかなり前のお話ですが、わかりやすいのでご紹介します。当時はそれほどの人気でもなかったボロボロで27万キロ走行のランクルが下取りに入ってきました。もうすでに10年以上が経過しており、査定額は1000円でした。その人は1000円で下取りに出し、新車を買いました。下取り車が、私のいるマイカーセンターに入ってきました。過走行でボロボロなので、センター長は業販しました。業販⇒業者への販売です。さてこれがいくらになったと思いますか?って、もうタイトルに答えを書いてしまったのですが、35万円でした。当時入社2年目の私は、この状況にひっくり返ったものです。当時はまだ、ランクルの相場がこれほどまでではなかったことと、業販の人のセンスが良かったことが重なった結果でした。あなたがもし、下取り車に出す、まさにその人であり、もう少し高く売れると知っていたらどうしましたか?新車営業の言うままに、下取りに出しましたか?車はこのように、処分の仕方でとんでもない差額が発生する場合があります。でもこれを完璧にマスターするには、業界に精通して沢山の損をしながら相場観を身につける必要があります。素人が簡単にわかるものではありません。でも方法はあります。その方法とはどのようなものでしょうか。

沢山の業者に聞いてみる

 同じ状況の車でも、見る人によって価値が変わるのが、中古車業界の面白い所です。できるだけ高い値段をつけてくれる、という人に出会う方法は、業界の沢山の業者の担当者と出来る限りの数のコンタクトを取ることです。業界の人も、もちろん車を仕入れたがっています。車屋さんも、車があってナンボなのです。オークションでは高くて買えない人もいっぱいいます。買わなければならないという切迫感から、選択肢を甘くしている人が結構いるのです。走行距離は10万キロを超えていてもいい、板金は自分の工場でやるから気にしない、色が人気色でなくてもいい、マニュアルでもいい、という風に、沢山の業者に問い合わせをすることで、買取りの制限が解除される可能性が高まって行くのです。

一人じゃできない、いや、できる!

 一人で何件も買取業者さんを回るのは大変です。移動だけでも一日かかってしまうかもしれませんよね。ですが、今の時代はよくできていて、とあるお店にお願いすれば、一度に沢山のお店に見積もりを取ってくれるシステムが完成しています。あなたはたった一度だけ見積もりをすれば、あとは結果を待っているだけでいいのです。サイトもスッキリ、入力も簡単、開いた時間であなたは次の車の事を考えたり、お金を何に使おうか考えたりできます。是非一度、こちらのHPをご覧になり、見積もりをしてみて下さい。ディーラでは1000円だった10年落ちの車でも売れる可能性が広がります。

↓ ↓ クリック ↓ ↓
入力1分、あとは待つだけ超簡単!

ダイエットに 【絶対必要なもの】 教えます!

ねぇ、松村さん どうなったの ???

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

痩せていた妻

妻は痩せていた

   
サブコンテンツ

このページの先頭へ