あさイチ 光線過敏症 紫外線対策をしてもやられちゃうの? 7月2日放送

 7月2日放送のNHKあさイチで、光線過敏症(別名:日光過敏症)についての放送がありました。

症状が気になる場合は自己判断せずに、専門医を受診なさって下さい。

こちらのページでは放送された内容を元に、更に詳しく光線過敏症についてお伝えしたいと思います。参考になさって下さい。

スポンサードリンク

紫外線対策とお肌の関係

 今の時代、誰もが紫外線対策をしています。直接対策はしていなくても、様々な紫外線対策成分が化粧品には含まれている場合があります。そのおかげで私たちは紫外線から大切なお肌を守ることができています。冬から春、そして夏と紫外線は次第に強く私たちに襲いかかるようになります。冬の間は完全防御できていた紫外線も、暑くなってくると気温や湿度の上昇に伴って完璧な防御が難しい状況になってしまいます。冬の間は紫外線を全く浴びることなく落ち着いていたお肌が、突然強い紫外線を受けることによって、反応してしまう場合があります。

光線過敏症

 光線過敏症は紫外線を受けることによって起こる免疫システムの反応です。紫外線そのものにではなく、体内で発生したアレルゲンが紫外線を浴びることにより、アレルギー反応を起こしてしまうものです。光線過敏症を引き起こすアレルゲン発生のメカニズムは詳しく解明されていません。ある特定の波長の太陽光を浴びると、アレルゲンを生成してしまうという説もあります。番組内では触れられていませんでしたが、光線過敏症を引き起こす要因には、先天性のもの、ビタミンやミネラルの不足、代謝の異常、薬の定期的な摂取、化粧品などの要因も考えられています。比較的年齢の高い方で突然症状が出てしまった場合は、飲み始めた薬が原因の場合もあるようです。

登山で

 実際の状況をご紹介します。Aさんは寒さが和らいだ春先、登山に出かけました。帰宅後に肌のかゆみを感じて確認してみると、紫外線を防止していた箇所の肌までもが赤くなっていました。皮膚科を受診したところ光線過敏症と診断されました。冬の間はしっかりと紫外線対策されていた肌が、突然山の上で強い紫外線を浴びてしまったことが原因でした。

もらった貼り薬で

 手首の関節痛に普段とは違う違和感を感じていたBさんは、義母に相談したところ、義母から病院から処方されている貼り薬をもらいました。早速手首に貼ってみると、傷みは和らいだのですが、赤い湿疹が出てきてしまいました。これは、義母からもらった貼り薬が原因で起こってしまった反応です。貼り薬の中にはケトプロフェンという成分が含まれており、この成分が身体に入りこみアレルゲンを生成、紫外線を浴びることによりアレルギー反応が起きてしまったのです。貼り薬の裏には注意書きがあり、アレルギー反応を起こす場合があると書かれています。家族とはいえ、他人が病院から処方された薬を自分で使うことは避けましょう。また、ケトプロフェンは皮膚の中に残り、三か月以上は注意が必要とのことでした。

光線過敏症を防ぐ方法

 原因と思われることがあれば、それを取り除きましょう。薬を飲み始めたなどの場合はきちんと専門医に相談しましょう。番組内で奨励されていた対策をご紹介します。紫外線対策をしているのであれば、途中でやめることなく継続的に行うようにして下さい。突然の紫外線に身体がびっくりしないように、徐々に紫外線に対して身体を慣らしていくようにします。旅行やレジャーで突然強い紫外線を大量に浴びないように注意ましょう。光線過敏症の症状はそれほど重篤なものではない場合が多いですが、いつまでも症状や痛みが引かずにかゆみが続いたりする場合は専門医を受診なさって下さい。

おススメの紫外線対策(番組内容外です)

 紫外線でシミや黒ずみができてしまったとしても、リカバリできるかもしれません。普段の紫外線対策にもおすすめです。天然成分の贅沢配合でベトつきもなし。
 ☆イルコルポ ミネラルボディシャインジェル☆サロン生まれの本格美白ケアを自宅でも☆

スポンサードリンク

着るだけ簡単肉体改造 あなたが細マッチョになる時が

着るだけで加圧!忙しくてトレーニングの時間がない貴方も大変身!

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

金剛筋シャツ

   
サブコンテンツ

このページの先頭へ