がん検診 要精密検査 検査の後の経過観察期間を安心して過ごす方法

 健康診断で要精密検査と言われる事は、私たちにとって大きなストレスとなります。そして、準備万端段取りした精密検査の当日、何とも言えない気分で病院に向かう方が殆どでしょう。検査をして、結果を聞きに行き、医師から「経過を観察しましょう。6か月後にまた診せて下さい」と言われる事があります。あなたはこのように言われた時にどのように感じますか?自分ががんになる可能性が果てしなく高いと思ってしまう方も多いようです。

 実は、この「経過観察」という言葉が医者から出る時は、それほど深刻な状況ではない場合が多いのです。診察してくれたお医者さんは、「悪性である可能性は低いので、6か月後に経過を比較観察しよう」というニュアンスであなたに伝えているのです。でも、私たちはこの経過観察を、「いつ症状が発症するかわからない危険な状態」と判断してしまう場合が多いのですね。医者としては経過の観察は大事だし、私たちとしてはこう言われてしまうと心からリラックスできないし、なかなかどうして、難しいものです。

 自分自身を安心させる意味で、一つのご提案があります。万が一あなたにガンが発症してしまったとすると、あなたの血液成分のデータに変化が現れます。この血液を検査すれば、あなたにガンが発症しているのかがわかるということになります。通常血液検査はかなりの量の採決が必要ですが、今回ご紹介するキットは指の先からわずかな量、一滴と少しの血液で、あなたの血液の状態を判断する事ができます。既に検診で使用してる自治体もある、信頼のおける方法です。血液の検査は私もその都度4000円程度の費用を払っていましたが、こちらのキットは全て郵送で行う事ができ、費用もびっくりするほど高くはありません。簡単に採血をして自分の今の状態を確認する事ができますので、経過観察期間の精神状態を保つことができます。

 気になる採血方法はとても簡単で、公式サイト内に動画で解説されています。医者からとやかく言われる事なく、勤務先にも知られることなく、結果を知ることができます。是非一度、こちらの方法をお試しいただき、自分の状態をきちんと把握することで得られる安心感を体感していただければと思います。

⇒ デメカル血液検査キット

ダイエットに 【絶対必要なもの】 教えます!

ねぇ、松村さん どうなったの ???

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

痩せていた妻

妻は痩せていた

   
サブコンテンツ

このページの先頭へ