乳がん検診でマンモとエコーと触診。要精密検査の通知が!でも、なかなか行けない場合の裏技

 乳がん検診のエコーと触診で、要精密検査の通知が届いてしまった貴方、結果の通知はあまりいいものではありませんよね。気も動転して、私はもうガンでどうにかなってしまうのか、もうダメなのか、とネガティブな気持ちになってしまう方も多いようです。でも、あなたに精密検査の通知が来たからといって、あなたがガンであるという事ではありません。

 乳がんは状況によって5つのステージにカテゴリ分けされています。このような感じですね。

カテゴリー1 異常なし
カテゴリー2 良性
カテゴリー3 良性と思われるが癌を否定できない
カテゴリー4 癌の疑いがある
カテゴリー5 癌である

 要精密検査の通知が送られるのは、カテゴリーが3より上と判断された方です。パーセンテージにすると、乳がん検診を受けた方のおおよそ5-10%の方が要精密検査となっています。そして、このカテゴリー毎のがんの発生率は、以下のようになっています。

カテゴリー1 0.03
カテゴリー2  0.1
カテゴリー3  8
カテゴリー4  42
カテゴリー5  100 (%) 

出典(平成11年宮城県対がん協会 50-69歳データより)

 言い換えるなら、要精密検査の通知が届いてしまった方の92%はガンではない、8%はガンである、という言い方もできます。要精密検査の通知が来たからと言って、慌てる必要はないという事ですね。でも、8%の方は実際にガンと診断されますので、その事も忘れないようにして下さい。

 精密検査は抵抗があるという方や、毎日忙しくてなかなか専門医には行けない、という方も多いと思います。これは自費となってしまいますが、自分で簡単に血液検査でがんの疑いがあるかどうかをチェックできるキットが発売されています。要精密検査の通知を受けたけど、どうしても行けない、検査自体に抵抗がある、という方は、こちらの検査をされてみてもいいのではないでしょうか?

⇒ デメカル血液検査キット

ダイエットに 【絶対必要なもの】 教えます!

ねぇ、松村さん どうなったの ???

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

痩せていた妻

妻は痩せていた

   
サブコンテンツ

このページの先頭へ