有働アナが潤滑剤の使い方を質問 朝から潤滑ゼリーで盛り上がるあさイチ

 有働アナ率いるNHKあさイチがまたもや頑張ってくれました。以前もきわどい話題を特集したり、朝からお叱りを受けてしまうような内容を放送して物議を醸すことがありましたが、今回は新しいコーナー「女のホケン室」を開設し、50代女性の悩みである閉経について議論をしました。

女性特有の悩みにスポットを当てる

 女性週刊誌でもエロ系のネタは受けるといいます。しかしそれは週刊誌でのお話。あさイチは国営放送NHKの番組であり、時間帯からしても家族みんなで視聴している場合も多いはず。そのNHKの番組内で堂々と閉経を取り上げたのは称賛に値するのかはたまた困ったものなのか意見が分かれるところですが、日本人があまり得意としない性の分野に積極的に切り込んでいるという点からすれば評価していいと思います。今回新しく開設された「女のホケン室」のコーナーでは、子宮とおっぱいをデザインした壁紙が登場しました。「何もわかっていない子供がカワイイと言っている」というメッセージも番組内で紹介され、はじめてのコーナー「女のホケン室」は日本全国へ向け、朝早くの時間から女性特有の悩みである閉経について、情報を提供しました。

有働アナが凄かった理由

 番組には苦情も寄せられました。朝からこんな話題を放送するな的なメッセージを、有働アナは屈することなく堂々と紹介していました。女のホケン室のコーナーでは、女性が更年期になると性交時に痛みを感じるようになる場合があることが紹介され、その対策として、対処療法ではあるけれどとの前置きの元、専門医が潤滑剤、潤滑ゼリーの使用を奨励していました。この潤滑剤に対して有働アナは「どのように使えばいいのか」と尋ね、専門医は「(伏字)に直接塗って使用して下さい」と、この記事の中で文字にするのも憚られるような単語を使い説明していました。また、尿漏れ対策の方法を紹介するコーナーでは、自らで下の穴に力を入れて骨盤底筋を鍛えるトレーニング方法が具体的に紹介されました。更に専門医から「きちんと締まっているかどうかの確認」として、風呂の中で自ら膣に指を入れて確認する方法も紹介されました。この話題の司会は、全国のアナウンサーの中でも有働アナにしかできないと、誰もが感じていると思います。閉経の話題もさることながら、今回は有働アナの凄さを見せつけられた女のホケン室でした。今後も続くとは言っていましたが、次があればまた、レポートしてみたいと思います。ネットのニュースでも否定的な意見は思ったよりなく、むしろよくやった的な意見が多くみられます。一つ間違えばエロと言われてしまうデリケートな話題を、ここまで堂々と放送できるのは、やはり日本全国探しても有働アナしかいません。有働アナ、あっぱれです。

デリケートゾーンのニオイケアにはこれ

いくらゴシゴシ洗ったところでダメなんです。内側からのダブルケアが大切。お悩みならご覧下さい。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓
フロプリー

履くだけバレずに、魅力のオンナヘ

締めキュット

ダイエットに 【絶対必要なもの】 教えます!

ねぇ、松村さん どうなったの ???

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

痩せていた妻

妻は痩せていた

   
サブコンテンツ

このページの先頭へ