仕事が自分に合っていないんじゃないか? 適性を簡単に知る方法

仕事が自分に合っていないんじゃないか? 適性を簡単に知る方法

 仕事がうまく行かない時は誰にでもあるものです。普通はそこでアドバイスをもらったり、同僚に相談したり、はたまたインターネットから情報を得たりして、何とか元の自分、理想の自分に戻っていくものです。でも、これが何度も何度も続いてしまう場合、「自分は本当にこの仕事に向いているのか?」「本当は仕事が自分に合っていないんじゃないか?」と思うようになってしまいますよね。


スポンサードリンク

その仕事、どうやって決めた?

 就職された時期によっても違うと思いますが、あなたはどのような経緯で、今の仕事をするようになりましたか?実は、学生時代からもっともっとやりたい仕事があったのではありませんか?ただ、就職できそうな仕事がそこにあったから、受けてみたら内定をもらって、入ることができた、そんな流れだったのではありませんか?私たち日本人はDNAに真面目が刷り込まれていますから、一度決まってしまえばどこでも真面目に働くようにできています。ちょっと言い過ぎかもしれませんが、グローバルな視点から見てみると、日本人の真面目さは特化すべきものがあります。その真面目を、望まない所で発揮しているなら、それはちょっと勿体ない気がします。冷静になって考えてみて下さい。あなたは今の仕事に満足していますか?

仕事を変えるのは怖くない

 仕事が自分に合っていないと少しでも頭に浮かぶのなら、それはおそらく、あなたに合っていない仕事なのだと思います。心から充実しているなら、迷いは生じないはず。一度、これを機会に、あなたの仕事の適性を見てもらってはいかがでしょうか?就職の際に行ったことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、私がお勧めするのは、あなたを客観的に他人に見てもらい、どのような職業があなたに合っているのかを教えてもらうというプロジェクトです。これは、転職エージェントという所で、日常的に行われています。私たちは一度新卒で入った会社には終身でお世話になりたい気持ちがあるかも知れませんが、今は時代がどんどんと移り変わっており、例え就職をしたとしても、今よりももっともっと良い条件で働いている人がゴマンといる世の中になっています。あなたは就職活動以来、求人票を見たことがないかも知れませんが、今は時代が変わり、様々な職業の、とても良い条件の仕事の求人が、かなりの数出回っています。

ハローワークではなく、それがある所は?

 例えば、とある会社で人事課長が突然、親の介護で退職したとしましょう。この場合、会社としては早急に人事部の課長を補充しなければなりませんが、人事の経験のある人材はなかなか社内にいるものではありませんので、必然的に社外から応募することになります。この求人は、ハローワークに出ることはありません。ではどこで募集がかかるかというと、親しくしている転職エージェントの手に委ねられるのです。これには会社側でかなりの費用がかかりますが、費用を払ってでも、会社は転職エージェントの手を借りて、より良い人材を募集したいという意向があります。

専門家のアドバイスが受けられる 無料

 転職エージェントに登録すると、専門のアドバイザーとまずは面接をします。そこで、あなたの経歴や、本当にやりたいことを伝えるのですが、この面談で、転職アドバイザーはあなたに合う職業や求人の提案をしてくれます。あなたの職務や希望を第三者が聞いてくれて、実際にアドバイスをしてくれるのです。このシステムの恩恵を、あなたは登録するだけで無料で受けることができます。この転職エージェントをいくつかランキングでご紹介しますので、是非、全てに登録してみて下さい。アドバイザーも人の子ですから、あなたとの相性もあるでしょう。数多く利用してみることで、あなたの本当のやるべきことがはっきりと見えてくる、私はそう思います。こちらのページで、お勧めの転職エージェントをランキングでご紹介しています。是非ご覧になって下さい。
⇒ 転職エージェント 人気ランキング


スポンサードリンク

 

ダイエットに 【絶対必要なもの】 教えます!

ねぇ、松村さん どうなったの ???

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

痩せていた妻

妻は痩せていた

   
サブコンテンツ

このページの先頭へ