残業45時間 3か月 失業保険がすぐにもらえた体験談

 私の前職はタンクローリーの運転手でした。常々「いつかは独立して自分でインターネット関係の仕事をしたい」と思っていましたが、なかなか踏ん切りがつかずに、ずるずると時が過ぎて行きました。そんなある日、大手運送会社をとある理由で辞めて独立、紆余曲折の後、再びうちの会社に来たという同じ年のTさんと、こんな話題になりました。

私  「俺も夢があって会社辞めたいんだけど、会社辞めるとしばらく無給で暮らさなきゃいけないよね。その期間がきつくてね。今も給料でギリギリだし」
Tさん「会社辞めてね、すぐに失業保険もらえたよ」
私  「それって、会社に辞めて下さい、って言われたときだだけなんだよね?だけど、クビじゃないよね?」
Tさん「何かね、残業多いからって、すぐに給付の対象になるって言われたよ。直近3か月で45時間以上だと、すぐにもらえるんだって」
私  「え~そんな仕組みがあるの?で、Tさんは何時間だったの?」
Tさん「あの時は多くてね、60時間は軽く超えてたかな?」
私  「俺も50時間下ることなんかないからなぁ~ そうなんだ~ すぐに貰えるんだ」


スポンサードリンク

 タンクローリーの運転手は、朝は3時過ぎ~7時の間位に出勤して、会社から帰るのは夕方の5-6時位の時がしょっちゅうです。残業のカウントはすぐに高くなり、私も常に60時間を超えている状態が続いていました。これは、仕事上、配車上仕方のないことで、会社からは「残業を減らせ」と指示が出ていたものの、タンクローリーの仕事は特殊で、どうにも減らすことができずに、会社でも問題になっていました。

Tさんは退職後、すぐに失業保険をもらっていた

 私と話をしていたTさんは、退職後すぐに失業保険を貰っていました。調べてみると、直近3か月の残業時間が45時間を超えている場合、すぐに失業保険がもらえるということがわかりました。(現在は若干の緩和措置があります。後でお知らせしますね) 私は今退職すれば、直近3か月の間、常に残業が60時間以上でしたので、すぐに失業保険がもらえることがわかりました。この事がわかったので、私は真剣に退職を考えはじめました。すぐに失業保険がもらえるのであれば、状況は違ってきます。会社を辞める時期を真剣に検討しはじめ、目星を付けることができた裏には、同僚Tさんの直接の体験談が大変参考になりました。

会社を辞めると すぐに失業保険がもらえた

 すぐに失業保険がもらえるなら早い方がいいと、Tさんと話をしてしばらく経った6月の末日、約10年務めた運送会社を退職しました。離職票を持ってハローワークに行き、退職理由を聞かれたので、「残業が多すぎて体を壊しそうだったからです」と答えました。その後、担当の方とはこのようなやり取りがありました。

担「具体的に残業時間は月にどの位だったんですか?」
私「毎月60時間を超えていましたね」
担「その残業時間が確認できる書類はありますか?例えば給与明細とか、タイムカードとか」
私「給与明細にばっちりと出ていますね」
担「それをお持ちいただいてもよろしいですか?直近の3か月分あれば、すぐに支給の対象となりますので」
私「はい、わかりました。お持ちします」

 担当の方に「直近3か月分あればすぐに支給の対象となります」とおっしゃっていただき、これは間違いないと思いました。その後の手続きで支給が確定し、最終的には8か月、240日の間、失業保険の給付を受けることができました。

直近の残業が多ければすぐにもらえる

 失業保険のシステムは、例え自分が自己都合で退社したとしても、直近の3か月、残業が45時間以上の場合は、会社都合で退職した場合と同様に扱ってくれます。すなわち、3か月待つことなく、すぐに失業保険がもらえるのです。この「直近3か月に45時間の残業」の部分が改訂されており、現在は

1)離職の直前6か月間のうち、いずれか連続する3か月で45時間を超える時間外労働が行われた
2) 離職の直前6か月間のうち、いずれか1か月で100時間を超える時間外労働が行われた
3) 離職の直前6か月間のうち、いずれか連続する2か月以上の期間の時間外労働を平均して1か月で80時間を超える時間外労働が行われた

 となっています。直近3か月が6か月になり、特に時間が突出して多かった月も認められるようになっていますね。

ここからが肝心 ハローワークの求人 どうでしたか?

 
 失業保険を給付してもらうにあたって、私たちはそれに見合った求人活動を求められます。といっても安心して下さい。そんなにむずかしい事ではありません。具体的には月に何回かハローワークに行って求人票を参照し、その証拠にハンコをもらえばそれでオッケー。私はこの求人票をいつも見ていましたが、なんだか目ぼしい求人が少ないな、と常々思っていました。出てくる求人はいつも同じで、あまり気合の入った求人票がないな、なんて思いながら見ていたのですが、今になってその理由がわかりました。ご説明しちゃいます。

出稿は無料なのだそうです

 人材を求めている会社がハローワークへ求人を出すのは無料です。会社にとって、人材イコール財産、あるいは財産以上の価値があるのが人材です。ここをわかっている会社は、(後述しますね… )。例えば私が長い間身を置いていた運送業界の場合、いくら高級なトラックを何台も所有していた所で、このトラックを運転してお金を生み出す、私たち「運転手」がいなければ、会社に売り上げがもたらされることはありません。会社の車庫にピカピカの新車のトラックを飾っておいた所で、それは何の価値も生み出さないのです。会社にとって財産を増やしたり、充実させることも必要ですが、それ以上に人材の確保が必要不可欠となっています。これは直近の、かなり奥の深い問題です。運送業界もわかっている会社は手を打ち始めていますが、実際問題、どうにもならないのが現実です。でも、考えている会社は考えているんです。言い換えるなら、ハローワークで見た求人とは世界の違う、別物の、気合の入った、とんでもない求人が、ある所にはあるのです。それはどこにあると思いますか?

無料の限界を突き破る 超有料

 ハローワークのシステムは、従来からのものがかろうじて電子化されたような感じです。無料で求人が出せることもあって、求人をする会社側も、それほど気合が入らない、馴れ合いのような感じになっています。私は8か月の間、ハローワークの求人票を見てきて、つくづくそう思いました。ハローワークは無料ということもあり、ちょっと思い立った求人や、ご近所の手ごろな求人、期間限定のアルバイト、などが充実しているような印象があります。それに対して、求人を真剣に考えている企業は、ハローワークではない別のところで動いています。別の所に求人を出しているのです。その会社は「人材の重要性」を痛いほど理解していますので、求人という「それ」以外にも「きちんとした報酬」「きちんとした待遇」「正社員としての登録」「休暇や福利厚生の充実」に力を入れて、求人活動を行っています。この求人に、会社側は一件100万円以上ともいえるお金を支払っているのです。ここまで聞いてどう思いますか?あなたは実は、このような求人票を探していたのではありませんか?

非公開 というシステム

 優良な商品と一緒で、高品質な求人はすぐに売れて「決まって」しまいます。一気に公開すると、それこそ取り合いになってしまいますので、条件がいい案件ほど非公開という形となっています。これらの求人案件は、お役所の無料のハローワークではなく、専門の企業が仲介料をきちんと支払って取り扱っています。それほどまでに、人材に対しての希望が大きいわけです。これを受けている各大手人材仲介会社は、会社の要望に合う人材を、しっかりとした目で見極めて、企業に紹介しています。あなたもここに登録することができます。そして、この優良求人案件を何件も抱える、専属のリクルーターとコンタクトを取り、理想の仕事を選ぶことができます。人材の価値がわかっているからこそ、人に対する投資の重要性を認識していて、今すぐ実行できている優良な会社ばかりが集まっているのです。どうですか?わくわくして来ましたよね?

今すぐ転職エージェントに登録して下さい

 このような転職を仲介している会社を、転職エージェントといいます。まずはここに登録します。登録はもちろん無料です。登録することで、あなたに対するレバレッジが働き始めます。どうしてだかわかりますか?実はこの転職エージェントは、あなたを会社側にお世話することによって、報酬がもらえるのです。ですから、一生懸命になって、登録したあなたのことを希望する企業へと積極的に紹介してくれるのです。この力、すごいとは思いませんか?あなたが企業を一社一社回るのとは違って、じゃんじゃん優良企業へとあなたを導いてくれるのです。何か所に登録しても、求職者側は無料です。是非、何か所か登録してみて下さい。このチカラ、本当にスゴイですよ。

あなたの人生を変える 転職エージェントのご紹介

 こちらのコーナーでは、あなたの人生を180度変える、頼りになる「転職エージェント」をランキングでご紹介します。各会社で求人情報に強みがありますし、担当者さんとの相性や求人が出てくるタイミングもありますので、一つではなく複数社に登録して下さいね。まだ退職自体が決まっていなくても、物事が順調に進んでいくことで気持ちも高まります。この気持ちの高まりが重要で、自然といい流れを引き寄せることに繋がります。

第一位 リクルートエージェント

 


 大きな会社とのパイプの太さはピカイチのリクルート。大企業と呼ばれる会社への転職も夢ではありません。アドバイザーの質が高く、あなたがご自身で発見できない長所をプロの目で見つけて、各企業へとアピールしてくれます。今から面談が楽しみですね。

⇒ リクルートエージェント転職支援サービス

第二位 ハタラクティブ


 こちらハタラクティブは、主に20代の若い世代をメインとした転職、就職の支援サービスです。今はフリーターだけど、将来を考えればやっぱり社員の方がいい、と思っているけれど、どうすれば安定した正社員になれるかがわからない、って方は結構多いと思います。そんな悩みは全てハタラクティブが解決。完全に未経験でも、正社員として就職できる求人をメインに扱っています。また、こちらの転職エージェント「ハタラクティブ」でしか紹介できない、未公開求人を多数持っているのも大きな強み。コンサルタントが実際に足を運んで、実際に職場を確認していますから、安心して任せることができます。もちろんキャリアのある方でも、キャリアに見合った求人をご案内しています。20代の方には特におすすめの転職エージェントです。

⇒ フリーターの正社員就職支援 ハタラクティブ

第三位 パソナキャリア

パソナキャリア

 パソナキャリアは、一言で言うなら「年収アップ」の転職を支援する転職エージェントです。その特化ぶりはお見事と称賛され、ありとあらゆる面から、あなたの転職をサポートしてくれます。各業界、各職業ごとに専門特化したキャリアアドバイザーがおり、様々な角度からあなたのキャリアプランについて一緒に考えてくれます。土曜日も行われている面談では、あなたの全てをお話しなさって下さい。それが成功への第一歩です。パソナキャリアは、様々な業種に対応していますが、特に、IT・通信・インターネット関係、メーカー(機械・電気・電子)、医療・福祉医療、営業、においては業界髄一の力を持っています。自分では気が付かなかった、あなたの魅力を発見してくれる、そして、あなたの収入アップを具体的に一緒になって考えてくれる、そんな転職エージェントがパソナキャリアです。

⇒ 年収アップを実現 パソナキャリア

最後に

 ご説明申し上げたように、今の時代、良質な求人情報は決して新聞やハローワーク、雑誌などに出てくることは殆どなくなってしまいました。全てはこのように、転職エージェント経由で紹介され、あなたが今まで知らなかった世界で決まっているのです。ここへ踏み出すか否かはあなた次第。今のあなたなら無料で踏み出すことができるのです。さあ、今すぐ全てに登録して、あなたの転職活動をスタートさせて下さい。今よりもやりがいのある、お給料のいい、休みがたくさんある、そんな仕事を無料で紹介してもらうことができます。


スポンサードリンク

ダイエットに 【絶対必要なもの】 教えます!

ねぇ、松村さん どうなったの ???

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

痩せていた妻

妻は痩せていた

   
サブコンテンツ

このページの先頭へ