最近のブログ記事がやたらと長い理由

最近、ブログの記事が長いと思いませんか?

 インターネットで調べ物をしていると、ブログ記事に行き着くことがよくあります。そのブログ記事には、あなたの質問に対する答えが書かれていると思いますが、最近、かなり読みごたえのある記事が多くなってきているとは思いませんか?全てを読まないで、次のページに行ってしまうことも多いのではないでしょうか?


スポンサーリンク

長いのには、きちんとした理由があった

 実はこの現象、陰で操っている方がいらっしゃるのです。それは、検索エンジン先生。検索エンジンの使命はただ一つ、検索者の目的に合った結果、検索者が満足できる結果を検索結果に表示することです。今まで検索エンジンは様々な方法で検索結果に順位を付けていました。しかし、検索キーワードによっては難しい場面も数多くあったのです。様々な要素を考慮して、検索結果は構成されていますが、もう少し改善の余地があったということですね。また、検索結果の上位に表示されるということは、そのキーワードによっては、多くのメリットをサイト管理人が教授する事になりますので、サイトを作る側は検索エンジンのアルゴリズムを予想し、それに即した対策を講じ、上位表示を達成しているという現実があったのです。この方法は多くの場合、検索エンジンにとっては、本来の目的を達成するのに邪魔な存在となります。しかしここ最近は検索エンジンの精度がかなり上がってきています。つい最近、このような自らの対策で上位に表示しようとするサイトを排除する対策を、検索エンジンが行った結果、検索結果に変化が生じています。具体的には、検索エンジンはそのページが読み込まれていることを「良いサイトだ」と判断する基準があります。この判断基準は「ページが読み込まれていること」意外にも数百もあると言われており、この事はその一つではあるのですが、ウェイトが大きくなっているようなのですね。ですから、検索結果の上位には、必然的に読み込まれる可能性の高い、情報の充実したサイト、ページが出てきているということなのです。

あなたが情報発信を考えているなら

 あなたがもし、ブログでの情報発信や、アフィリエイトで記事を書こうと思っているのなら、この点を注意する必要があるでしょう。今や検索エンジンの中は飽和状態であり、ありたきりの記事では上位に表示することが難しくなってきています。検索者の意図を汲み、どのような情報を発信すれば、検索者があなたの記事を読み、満足してくれるのかを第一に考えて、記事を作成する必要があるでしょう。ありたきりの薄っぺらい内容ではなく、オリジナルがとても重要になってきています。

検索エンジンの進化

 SEO対策という言葉を聞いたことがあるでしょうか?検索エンジンの上位に表示するために行う対策の事をSEO対策と言います。実に様々なやり方が存在していますが、今後はSEO対策を考えるよりも、記事の内容を考えた方がいいという時代が到来しています。

書く側が注意するべきこと

 インターネットに上げて、読んでもらうための文章、商品やサービスを受注するための文章を書く側は、いろいろと考えなければならない事があります。今まで申し上げてきたことを踏まえると、「何字以上ならいいんだ?」というような疑問が生ずるかもしれません。しかし、この考え方ではいけないのです。考えるべきは、検索者が何を求めていて、どのような答えがあれば満足してもらえるか、そのために何を書けば良いのか、ただ、それだけです。「何文字?」という考え方は非常に危険です。文字数にこだわりがあるなら、もう一度考え直してみて下さい。書く側が注意するべき事は、文字数ではありません。文字数が多くなっているのはあくまでも結果としてのことであり、これを目標にするべきではないのです。

価値があるか?

 情報発信はとても簡単な時代になりました。しかし、同じような情報が氾濫している現在、発信される情報には価値が必要とされています。価値のない情報は読んでもらうことができず、必然的に検索エンジンからも評価が低いという結果に繋がってしまうのです。あなたがインターネットを使って何かをしたいと思うのであれば、常に価値ある情報を提供するように心がけて下さい。他のサイトからの情報をまとめただけのサイトや、コピーコンテンツなどで構成された記事は、検索エンジンから弾き飛ばされる時代が到来しています。オリジナルの内容を、しっかりと相手の事を考えながら書かれた記事のみが生き残るのです。結果として、読み手には長い文章、読み応えのある文章が届いている、という結論です。


スポンサーリンク

こちらも読まれています

【朗報】 かつて、妻は痩せていた!

ダイエットが上手く行かない人でも、食べながら、人生を変える方法

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

痩せていた妻

妻は痩せていた

   
サブコンテンツ

このページの先頭へ