グローバルな子供を育てたい

子供には英語を話せるようになってほしいと思う親は多いでしょう。しかし、英語教育にはお金がかかると思っていませんか?実は、日本にいながらでも、そこまでのお金をかけずに子供をバイリンガルに育てることができます。この記事では、

  1. 子供が英語を話せるようになるために必要なこと
  2. お金をかけずに英語環境を作る方法
  3. バイリンガル教育のメリットや効果

について解説します。

子供が英語を話せるようになるために必要なこと

英語力の伸ばし方はインプットが大事

子供が英語を話せるようになるためには、まず「インプット」が大事です。

インプットとは、英語を聞いたり読んだりすることです。

言語学者のスティーブン・クラッシェンは、「人間が食べ物を食べて消化するプロセスが誰でも同じように、言語習得のプロセスも人間皆同じ」と言っています。

そして、その言語習得のプロセスはインプットから始まります。インプットしたものが消化されて、「アウトプット」として英語を話すことができるようになります。

つまり、効率よく外国語を習得するためには、大量のインプットが近道ですよ、ということですね。

理解可能なインプット量を増やすことが近道

では、どんなインプットが効果的なのでしょうか?

先ほどご紹介したクラッシェンは、「今のレベルより少しだけレベルの高いインプットを行うことで進歩する」と言っています。

これは「理解可能なインプット」と呼ばれます。

全く理解できない難しい英語を子供に聞かせても意味がありません。分かるレベルだけれども、知らない単語や文法が出てくるレベルの英語を聞かせることで、子供の英語力は伸びます。

理解可能なインプット量を増やすためには、子供のレベルや興味に合った教材や動画などを活用することが大切です。

お金をかけずに英語環境を作る方法

インターナショナルスクールや親子留学は必要ない

確実にバイリンガルに育てる方法としては、インターナショナルスクールや親子留学などがあります。

しかし、これらは莫大なお金がかかりますし、近くにインターナショナルスクールがなかったり、仕事をしていて親子留学ができなかったりする場合もあります。実際に親が英語が話せなくても、子供が英語を話せるようになったケースはたくさんあります。

どのケースも、親に「子供には英語を話せるように教育しよう」という覚悟があったこと、

そして無理強いせず「英語を身につける環境を与えた」という二つの点が共通しています。

高額なインターナショナルスクールに行かせなくても、たくさんの動画とたくさんの本に必要なお金だけをかけています。

年齢やレベルに合った教材や動画などを活用する

お金をかけずに英語環境を作るときに心に留めておいてほしい2つのことは、

  1. 意識せずに英語環境は作れないこと
  2. 楽しんで英語を学べる環境にすること


です。前述のクラッシェンも「言語の習得は本人のやる気によって大きな差が生まれ、ストレスにさらされていたり、やる気がない場合は、なかなか身につかない」と言っています。そこで、一番大事なのが、楽しみながら英語を自然に身につけられる環境を作ることです。

とはいっても、お母さん、お父さんが英語を話すという場合をのぞき、意識して作らなければ、英語環境は作れません。まず一番最初にやるべきは、年齢やレベルに合った教材やDVDなど、子供が英語を嫌がらずできるものを用意します。

幼児~未就学児:NHK基礎英語の田中先生監修のオールイングリッシュの幼児向けDVD教材ミライコイングリッシュやディズニーの英語システムなど。ディズニーの英語システムは高価ですが、幼児向けのDVDを見せるなどして英語に親しみましょう。


小学生:ハッピーイングリッシュやNHKの英語ビートなどの教材がおすすめです。お金を全くかけずに無料でやるなら、YouTubeやNetflix、DVDで英語のアニメを見せたり、本を読んだりすることもできます。

英語脳を作りたいなら、こちらもご覧下さい

【世界の七田式!】35日完結バイリンガル英語脳プログラム<七田式>

バイリンガル教育のメリットや効果

言語能力だけでなく思考力や創造力も高まる

バイリンガル教育のメリットや効果は、言語能力だけでなく思考力や創造力も高まることです。

バイリンガルは、2つ以上の言語で考えたり表現したりすることで、脳の活性化や柔軟性が高まります。

また、異文化理解やコミュニケーション能力も向上します。

バイリンガル教育は、子供の将来に役立つスキルを身につけることができる教育です。

将来の進路や就職に有利になる

バイリンガル教育のもう一つのメリットや効果は、将来の進路や就職に有利になることです。

グローバル化が進む現代社会では、英語を話せることは必須の条件となっています。

バイリンガル教育を受けた子供は、英語が不自由なく使える基礎を作っておくことができます。

また、英語以外の言語も学びやすくなります。バイリンガル教育は、子供の可能性を広げる教育です。

まとめ

この記事では、

  1. 子供が英語を話せるようになるために必要なこと
  2. お金をかけずに英語環境を作る方法
  3. バイリンガル教育のメリットや効果

について解説しました。

子供が英語を話せるようになるためには、インプットが大事で、理解可能なインプット量を増やすことが近道です。

お金をかけずに英語環境を作る方法は、年齢やレベルに合った教材や動画などを活用することです。

バイリンガル教育のメリットや効果は、言語能力だけでなく思考力や創造力も高まり、将来の進路や就職に有利になります。

親の英語力は関係ありません。ほんの少し環境を整えるだけで、子供の将来が大きく変わります。

特に、【短期間で】子供の英語力を引き出したい方にご好評です

 【えっ?】たった35日で私の子供が英語を話した!←超話題!

こちらも読まれています

  • ボーボーのままでいいのか?  女性にとって気になることの一つに、あそこの毛の処理があります。ネット上には、ボーボーのままのだと男性に嫌われる、男はボーボーをよく思っていない、などの情報がありますが、果たして […] Posted in 美容と健康
  • 三方ヶ原の戦い 武将の活躍と逸話を紹介! はじめに 三方ヶ原の戦いとは、元亀3年(1573年)に遠江国で行われた武田信玄と徳川家康・織田信長の間の戦いです。この戦いは、武田信玄が西上作戦として上洛を目指した際に、 […] Posted in お役立ち情報
  • アフィリエイトで成功する人の共通点 アフィリエイトで成功する人の共通点  アフィリエイトで成功する人の共通点。最近いろいろと考えていますが、アフィリエイトで成功している方には、共通点があることを発見しました。私な […] Posted in アフィリエイト